◎夏の血圧と健康

こんばんは^^

”鍼灸&リラクセーションサロンいこいの新宿御苑前”鍼灸師の稲吉です。

 

梅雨入りして蒸し暑さも増してきましたね。

今年はマスクも併用している方が多いと思います。

そこで気をつけたいのが熱中症です。

特に血圧のコントロールには注意が必要です!

__________

毎年、尋常ではない暑さが続いています。
熱中症が多発していて、この季節は何度も救急車のサイレンを耳にしますよね。

さて、熱中症とまで行かなくても、何となく足元がふらつく、目眩がする、頭がスッキリせず黄昏ている、元気が出ない、、、などの症状が気になります。

もしかしたらそれは血圧が下がり過ぎているのかもしれません。

これだけの暑さが続くと、末梢の血管が開ききってしまい、駆動力を失って、心臓への戻りが悪く
なります。

その結果、足がむくみやすい、動悸や息切れを起こしやすい、目眩やふらつきを起こしやすいなどの症状を呈しやすくなります。

冬場よりも20ミリ以上、血圧が下がっている事も多いです。

特に、血圧のお薬を冬場と同じ量を服用している方は、要注意です。

もしも、上記の症状があり、血圧も低いようであれば、処方医に相談され、薬を変えていただくか、量を調節してもらってください。

自分で半錠に割る方がありますが、お薬には、ドラッグデリバリーシステムといって1日かけて徐々に効かせるタイプのものもあるので、半錠に割ることで、急激に薬が効いて血圧が下がり過ぎ、危険な場合もあるので、必ず医師・薬剤師にご相談するようにしましょう。

営業時間
火~日 9:00~23:30
(最終受付21:00)
休診日: 月曜日
アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-4-1 第22宮庭マンション3F
◆JR新宿駅 南口・東南口から徒歩7分
◆新宿三丁目駅 C4出口から徒歩5分
◆新宿御苑駅 1番出口から徒歩3分
  • FaceBook
  • Instagram